闇金ウシジマくんはヤミ業界をリアルに映し出した傑作漫画

闇金ウシジマくんの主人公は23歳で「カウカウファイナンス」の社長である丑嶋馨(うしじまかおる)。

 

もちろん扱っているのは闇金で、金利は何とトゴ(10日で5割)という違法な高金利なわけです。

 

でも債務者たちがどんどんお金を借りに来て、次々と借金地獄のサイクルにハマって抜け出せなくなっていくストーリーです。

 

実際に登場するキャラクター達は、現実でも実際にいそうなリアリティがあるんですよね。

 

カウカウファイナンスには朝9時くらいになるとパチンコ中毒の主婦たちが3万円を借りに来ます。

 

そのお金を1日3割で借りに来ては、そのままパチンコへと向かいます。ヒサンという金利ですね(1日3割)。

 

ヒサンという金利でお金を借りて悲惨な目に遭っていく主婦もいたりします。

 

そんな主婦たちを奴隷君と丑嶋達は呼んでおり、優秀な客として売り上げに貢献していくんです。

 

また、カウカウファイナンスには一般的なキャッシング業者からお金を借りられないワケあり債務者ばかりが登場します。

 

キャッシングの限度額まで借りており、さらに複数の借入れがあったり、返済が滞った劣悪債務者などなど。

 

だけど、中にはまともなキャラも闇金を借りに来たりするんですよね。

 

ただ、新規の顧客には5万円までしか貸さないというルールもあり、これは少額だから回収しやすいという理由ともう1つあるんです。

 

それは生活に困った際に、自治体から生活福祉金が5万円借りる事が出来るので、その金を回収できるからという理由なわけです。

 

ウシジマ君はお金に対する法律も少し学ぶ事ができて、結構知識が付いたりもします。

 

闇金ウシジマくんは色んな人間模様が垣間見える面白い作品なんです。

 

丑嶋からの取り立ては容赦なく、自宅まで押しかけて必ず回収していきます。

 

借り逃げしようとも、情報屋を使って相手を追い詰め、土下座しても一切容赦なく蹴り飛ばします。

 

ライバルの闇金業者がいれば叩き潰し、あわよくば全財産も巻き上げていくんです。

 

しかも自分の債務者を徹底的に調べ上げて、弱みを握って脅して金を搾り取るだけ持って行く悪魔のような男なんです。

 

そんな彼に部下が「罪悪感とかないんですか?」と誰もが思う事を聞きます。

 

だけど丑嶋は「客を人間と思うな。同情したら金にならねえ」と言い放つ非道ぶりです。

 

でも、お金を借りに来て返しては借りるの繰り返しの債務者たちを相手なんで信用も同情も必要ないわけです。

 

取り立てのシーンは常に暴力的で、情けの欠片もありませんが、しっかりと借金を回収していきます。

 

子供がいる家庭ではゲーム機からランドセルと、お金に変えれるモノは何でも取り上げます。

 

そんな丑嶋は自宅でウサギを複数飼っており、意外な一面が見えたりもします。

 

現在んもストーリーは最終シリーズに入っており、もうじき作品も完結すると思われます。

 

TVドラマ化や映画化もされているので、1度見てみると結構面白い内容ですよ。

 

でも闇金からお金を借りると、漫画の中で行われている事を実際にされそうなんで恐ろしいです。

闇金ウシジマくんを読んでで学べる用語

  • トゴ…10日で5割⇒10万円借りたら10日後に5万円の利息が発生する仕組み
  • ヒサン…1日3割⇒作品内では1人3万円貸していた。1日の利息だけで9千円
  • ジャンプ…返済期限日に利息の分だけ支払い、元金の払い分は先延ばしにする⇒これで金利だけを貰い続けて元金は一切減らない借金地獄
  • 取り込み詐欺…先に商品だけを貰って支払いは後からという契約を交わし、支払いをせずに商品だけを奪う詐欺
  • 金主…闇金に出資している人の事で、金主がいないと貸金業はお金が回らない
  • パンク…債務者の支払い能力が完全になくなった状態⇒破産状態である
  • 焦げ付き…貸したお金が回収できなくなる事⇒パンクとは意味が違う
  • 闇金狩り…複数の闇金からお金を借りて返済せずに逃げる。正体がバレないように偽造免許を使って行う。
  • 多重債務…複数の金融会社から借り入れをしている状態
  • 債務整理…借金の金利がなくなり、借金総額と毎月の支払いを減らす事が出来る
  • 特定調停…借金の返済が滞る場合に簡易裁判所に申し立て、債務者と債権者(貸した者)の仲裁に入って返済条件を緩和する事
  • 架空口座…債務者の中から新規で銀行口座を作らせる⇒闇金業者の返済の指定口座に使われる⇒正体がバレない
  • 顧客名簿…債務者の個人情報(住所・電話番号・免許のコピーなど)で1リスト400万と言われている⇒1人の顧客から平均400万取れる事から
  • 出資法…「出資の受入れ、預り金及び金利等の取締りに関する法律」の通称であり、2010年のグレーゾーン金利撤廃で金利上限は20%になったが闇金には通用しない
  • 090金融…固定電話を持たずに携帯電話で業務を行う金融業者の事⇒正規の業者は必ず固定電話を持っている事から

など

闇金ウシジマくんを学べば絶対にヤミ金に手を出そうと思わなくなる

お金が返せない場合ものすごく暴力を振るわれるというシーンは闇金ウシジマくんでは日常茶飯事ですが、現実の世界では最近はそのようなことはほぼ無いと言えます。なぜなら、警察沙汰になってしまえば闇金業者は完全にアウトだからです。

 

ただ、嫌がらせを続けて支払うまで追い詰める、会社や家族にまで取り立てを行い、債務者の社会的信用は一気に落ちる、債務者の名義を利用して銀行の口座を作り利用されるといったことは今でもなお現実で起こっていることです。

 

闇金に手を出したいと思っている人はいないと思いますが、手を出さざる得ない位お金に困っている人も闇金ウシジマくんを読んで闇金について学べば決して手を出そうと思わなくなるのではないでしょうか?