闇金集団はほとんど暴力団関係者

闇金を運営している人は、ほとんどが暴力団関係者です。

 

よって闇金によって得た利益は暴力団関係者の資金源となってしまいます。

 

中には、個人で運営している闇金も存在しますが、暴力団がほとんど関係していると言っていいでしょう。

 

暴力団は恐喝や恫喝、悪質な場合は殺人などといった犯罪も行う集団です。

 

そして、闇金が行っているお金の融資自体も違法行為ですが、何度も電話をかけたり、直接自宅や勤務先に押しかけるなど悪質な取り立ても多く、この取り立てを行うこと自体も違法行為となります。

 

今現在は暴力団対策法も施行されているため暴力団が活動する範囲は制限されていますし、金融機関で口座を開設することもできません。

 

そのため、ほとんどの取引については現金だけで行われていることが多くなっています。

 

違法であることを知っていながら、なぜ闇金からお金を借り入れる方がいるのかというと、合法的に営業を行っている銀行や消費者金融は、借り入れの前に審査を行ってから貸すかどうかを決めますが、闇金の場合は審査をせずにお金を貸し出してくれるため、ブラックリストに載っていたり返済の見込みがないとしてもすぐにお金を貸してもらう事ができるからです。

 

とはいえ、ほとんどの闇金は金利が高いため、完済するのはほぼ不可能であると考えて良いでしょう。

 

それでも借りたいという弱みにつけ込んで、お金を高い金利で貸し出す訳です。利息を返すだけで精一杯となり元金は一向に減っていきません。 このお金の貸し出し方は違法なため、警察に知られれば摘発されることになります。

 

もし、知らずにお金を借り入れてしまったときには、弁護士などに相談するなどして早目に解決するようにしましょう。