闇金相談は司法書士と弁護士どちらにする方が良いの?

闇金相談

 

闇金問題から救済してくれる法律事務所は主に弁護士事務所と司法書士事務所がありますよね。

 

どちらであっても、解決事例が多いところは信頼できますが、そもそも、司法書士と弁護士に依頼するのでは何が違ってくるのでしょうか?

 

以下に司法書士の取扱い業務、弁護士の取扱い業務をまとめました。

 

 

司法書士の取扱い業務

司法書士は依頼を受けて裁判所等に提出するための書類作成の代行などを行なう仕事です。更に詳しく見ていくと、次のようになります。

 

不動産売買や相続、会社設立時に行う登記、地代などを国に預けることで支払いを済ませた状態にする供託の手続きの代理をすることが出来ます。帰化申請など法務局に提出する書類の作成、不動産の権利について登記官の処分が不服である場合に行う地方法務局長に対する登記・供託の審査請求手続きの代理、裁判所あるいは検察庁に提出するための書類作成、それらの業務に関する相談、認知症になった高齢者や障がい者の成年後見人や自己破産をしたときなどの破産管財人などを家庭裁判所から専任されたときに行なうことが出来る、地価が5600万円以下の土地の境界を調査して決定する筆界特定の手続きを代理すること、といったことです。

 

さらに法務大臣の認定を受けたならば、訴訟の額が140万円以下であれば簡易裁判所で行われる訴訟や民事調停などの代理人・相談を引き受けることが出来ます。

 

最初は訴訟額が140万円を超えていなくても、相談していく中で140万円以上であることがわかるときがあります。そうなれば途中で相談を中断することになります。

弁護士の取扱い業務

弁護士は法律相談・裁判・交渉・遺言書の作成など法律に関わることであれば制限なく扱うことが出来ます。

 

特に、独占業務と呼ばれる仕事については、他の資格保有者には行なうことが出来ません。どのような業務を独占しているのかというと、示談交渉や契約交渉、闇金業者との和解交渉など依頼人の代理として相手と交渉をすること、裁判所に代理人として出廷をすること(司法書士も訴訟で扱う金額が140万円未満であれば代理人になることは出来ますから、この業務については完全に独占しているとはいえません。)、刑事事件の弁護人になることなどがあります。

 

弁理士・税理士など他の士業の業務も行なうことが出来るけれども、他の士業は弁護士の業務を行うことが出来ないという点で、万能な資格と言えるでしょう。

 

闇金を始めとしたトラブルの解決となれば、裁判にまで発展しそうなイメージが強いですが、そこまで発展する前に相談をして、交渉を始めれば早期に問題を解決する事が可能です。

 

また、認知症や障がい者の成年後見や破産管財業務なども行っており、法人の場合には事業継承のように経営を長期に亘って安定させるための手助けもしてくれます。このように裁判以外のことでも幅広く業務を行っているのです。

闇金相談を司法書士にすることのメリット

司法書士の取り扱う業務はかなり限定されており、闇金で業者と交渉する事が出来るのが140万円以下の案件ですから、人によっては頼ることは出来ません。しかし、借金をする人がどのくらいの金額の債務を抱えているのかというと、およそ2割が100万円未満、そしておよそ4割が100万円から300万円未満という調査結果もあります。

 

もちろん、闇金となれば高い金利ですから、闇金からの借り入れをしている人を対象とすればもう少し金額が上がる可能性はあります。

 

それでも、140万円という基準は低く見えても、その範囲内に収まる人は少なくないでしょう。でも依頼を受ける事が出来るといって、あえて法律関係のことであればなんでも出来る弁護士ではなく、取り扱える業務が限定されている司法書士に相談するメリットはなんでしょうか。

 

それは料金が安いということです。

 

確かに闇金業者と交渉して話がまとまれば、返済の負担から解放されます。だからといって、手元のお金が突然増えるわけではなく、借金で苦しんでいるのに高い弁護士費用を支払うのは大変です。

 

しかし、安い料金で闇金の問題を解決してくれるのであれば、それだけ支払いがしやすくなり、普通の生活に戻りやすくなります。

 

>>闇金問題解決に向けて相談するならおすすめの弁護士・司法書士はこちら