ヤミ金業者のターゲットとなりやすい人

今、お金を借り入れることを検討している人は、自分がヤミ金業者のターゲットになることは予想していないかも知れませんが、ヤミ金業者は誰の側にも潜んでいる可能性があります。

 

ターゲットになりやすい方や、お金が足りなくて困っている方の前に親切な人を装って現れます。

 

お金を借り入れることを検討している時点で、すでにターゲットにさせる可能性はあるので、油断しないように、いつも注意しておく必要があります。

 

一般的に、お金を幾つかの消費者金融や、銀行から借り入れている多重債務者は、お金を新たに借り入れることが、とても困難になります。合法的な金融機関からは、ほとんど借り入れることができない状態です。

 

そういった人の前に優しいふりをして近づいてくるのがヤミ金業者になります。

 

誰にでも、貸し出すことができると謳ったり、他の金融機関から借り入れていても問題ないと謳ったりして誘い込むという訳です。

 

資金繰りに苦労している中小企業の事業主の人などについてもターゲットになる可能性が高いです。ヤミ金業者には商工ローンで融資を受けている方の名簿などを手に入れて勧誘をする場合もあります。返済しなければ会社が倒産してしまうという心理を利用して、高い金利でお金を貸し付けてきます。

 

過去に債務整理や、自己破産をしている人もターゲットになりやすいです。

 

自己破産の手続きを行うと、およそ5年から10年前ぐらいの間、任意整理など債務整理の手続きを行うと、およそ5年ぐらい信用情報機関が管理する個人情報にその事実が残ってしまいます。その期間中は、合法的な金融機関からお金を借り入れることができなくなってしまいます。そんなときに近づいてくるのがヤミ金業者になります。

 

チラシや、ビラなどで、ブラックリストでも問題なし、自己破産でも問題なしなどといったキャッチコピーで勧誘してきます。

 

どの金融機関からも、お金が借り入れられない人を救ってくれる、ありがたい会社だと感じて利用してしまうと、とんでもなく高い金利が待っていることになります。

 

一般的に主婦や、高齢者などは、ヤミ金業者についての知識が乏しいと思われています。高齢の方は年金で生活している人がほとんどですし、収入を得ていない専業主婦の方は総量規制により消費者金融からお金が借り入れられません。

 

そこに近づいてくるのがヤミ金業者になります。

 

中でも高齢の方に対して、年金を担保にして、お金を貸し付けるヤミ金業者もいるので注意する必要があります。

 

公的な融資以外に、年金を担保にお金を貸し付けることは違法行為になります。

 

専業主婦の方にとって総量規制とは無関係に、お金を貸し出してくれるヤミ金業者はありがたいと感じてしまいやすい傾向にあります。

 

ですが、一旦お金を借り入れてしまえば、高い金利で、夫の収入まで、むしり取られる可能性が高いので、絶対にヤミ金業者から、お金を借り入れないようにする必要があります。

 

ヤミ金業者のターゲットとなりやすい人は、お金を借りたいと思っている人全てになりますが、特に、

  • 資金繰りに厳しい中小企業のオーナー
  • 専業主婦
  • 年金生活者
  • 過去に債務整理、自己破産している人

と言えます。