ヤミ金からの電話を無視し続けたらどうなる?

ヤミ金から借金をしていて返済を怠ると、あっという間にヤミ金業者から督促が始まります。そもそも合法的な方法で営業していないヤミ金業者は、取り立てや回収の方法も違法行為を恐れません。違法行為をしているにもかかわらず、「借りたお金を返さないことは違法行為だ」などと言う理屈で取り立てを行ってきます。

 

督促はまず電話で行われるため、携帯電話やスマートフォンの番号しか教えていない場合は無視することも簡単です。サイレントモードにしたり電源を切ったり、場合によっては鳴っている着信音を聞きながら無視するも良しです。

 

ただし、連絡がつかない状態になると自宅に来る可能性が非常に高いので、家族や周辺住民への対策ができていない場合には、極力早い段階で対応してしまった方が賢明です。「返済できないと暴力を振るわれる」などの不安もあるでしょうが、すぐにそうなることはまずありません。

職場や家族に電話はくる?

ヤミ金からの電話を無視し続け他場合、職場や家族に電話が来るかどうかは契約する段階でどのような情報を渡しているのかによって違います。

 

勤務先の連絡先はほとんどの状況で教えることになるので、返済を怠った場合には連絡が入る可能性があります。しかし、自宅以外にいる家族に対して連絡が入る可能性となると、連絡先を教えているかどうかによって変わります。

 

もし、契約の段階で実家の連絡先を教えてしまっている場合は、本人への取り立てでは埒が明かないと判断した場合、家族へ代位弁済を求められることもあります。同時に、本人が返済の意思を表すまでに会社へ連絡して借金の事実を暴露したり、住居周辺で公開処刑のような嫌がらせをしてくることもあります。

 

今、社会的に闇金業者への対応が厳しくなってきている関係もあってか、現代的な闇金業者は極端な行為をしてこなくなってきています。ただし、根本的な部分が違法業者である以上、何をされるかは分かりません。

ヤミ金被害がおさまらなかったらどうしたらいい?

そもそも論になってしまいますが、闇金業者は違法業者であって正式に貸金業者として認定されている訳ではありません。分かりやすく言えば、「家族や友人からお金を借りている状態と同じ」であり、合法の契約内容である必要があります。

 

また、現在ある利息制限法や出資法の上限金利を超えている契約内容の場合は、返済自体の必要性がなくなるという点もポイントです。

 

つまり、「闇金業者からの借金は返済する必要性がない」ということであり、返済せずに無視して逃げてしまっても誰にもとがめられることはないということです。ただし、闇金業者がそれを良しとせず、可能な限りの手段を使って取り立てをしてくるため、合法的に解決するためには「専門家に依頼すること」が賢明です。

 

弁護士などに解決を依頼すると、あっという間に闇金業者は取り立てを止めます。更には、返済すらいらないと言ってくることもしばしばです。

 

>>ヤミ金被害にお困りでしたらこちらの法律事務所に相談しましょう